ゼノブレイドをレビュー!

何か面白いRPG無いかな~。
AMAZONで評価の高いRPGを探していて、ゼノブレイドに出会いました。まず惹かれたのは音楽でした。クロノトリガー等でおなじみの光田康典さんが手掛ける壮大で綺麗な音楽に鳥肌が立ちました。機の律動のカッコよさと言ったらもう・・・。ストーリーも面白かったです。ヒロインの死と言う重いテーマから冒険が始まり、主人公シュルクを中心に魅力的なキャラばかりで、どのキャラも個性的でしっかりと最後まで成長過程などが描写出来ていました。ストーリを進めていくと二転三転しますし先が読めませんでした。ボリュームも満点です。長すぎるくらいに。広大なフィールドを歩き回るだけでも楽しく、序盤では絶対に勝てない様な巨大なモンスターが闊歩していたり、ロケーションを見つけるのも楽しかったです。滝の上からの景色は絶景でした。昼夜も入れ替わるので、朝焼けや夕焼けも見れますし、モンスターも特定の時間帯しか出ないものがいたりで、そこらかしこに工夫が見られました。サブクエストも豊富で期間限定のものも結構あって、一週目は全部見れませんでした。戦闘は複雑そうに見えて意外と簡単で、技をセットしてモンスターの弱点を上手くついていければ、簡単操作なのに爽快感も上がって楽しかったです。いろんなRPGをプレイしてきましたが、ゼノブレイドは粗探しをしても中々見つからないほどにすべての面で完成度が高く、誰にでもおすすめ出来るゲームなのではないでしょうか。